眠れないあなたの駆け込み寺

不眠サロンこなか

不眠のときに頭を冷やすメリット

脳が興奮状態のときは頭も熱い

 

眠れない時の頭は熱いんです。

 

眠れないことの原因として考えられることのひとつに、「脳が興奮している状態である。」ということが考えられます。この、興奮しているときの脳は、熱を帯びて熱くなっているんですね。

 

疲れているのに眠れないのは、頑張りすぎた脳がクールダウンできていないから。

 

やはり、脳が興奮状態にあって、熱いのです。

 

頭を冷やすことでクールダウン

 

頭をアイスまくらで冷やすと脳細胞の動きが穏やかになり、熱くなった脳がクールダウン。興奮状態がおさまります。

 

快眠の心得に「頭寒足熱」というものがあります。読んで字の通り、「頭はひやす足元はあたたかく。」

 

頭を冷やすことでリラックスできますが、首から下、足にかけては、冷えないようにタオルケットなどをかけておきましょう。

 

f:id:utu-css:20180813190707j:plain

首を冷やすと眠れなくなる

首には、様々な神経が通っているため、冷すと眠れなくなってしまうことがあります。

 

後頭部にアイスまくらを当てるときは、後頭部の真ん中より上を冷やすように意識しましょう。

 

ちなみに、首を冷やすのは良くないのかもしれませんが、冷感シップは私の場合効果を実感できました。

 

眠れない夜、首から肩にかけて、横向きに冷感シップを貼ることで、ぐっすり眠れていましたよ。

 

後頭部よりもおでこを冷やしたほうがいい

 

冷たい空気は上から下に流れます。

 

仰向けで寝る場合は、おでこを冷やすのが最も冷却効率が良くなります。

 

また、冷やすのがおでこなら、首を冷やしてしまい眠れなくなる心配もありませんよね。

 

眼精疲労も軽減できてしまうのが、おでこを冷やすメリットです。

 

おでこを冷やすタイプのアイスまくらがあると重宝しますね。

 

それでもダメなときは脚を冷やしてみよう

 

快眠の基本は頭寒足熱ですが、足、脚は冷やしてみるとかなりリフレッシュできるんです。

 

暑い夏は、アイスまくらで脚を冷やし、リフレッシュして、快眠を引き寄せましょう。

 

とはいえ、脚を冷やすのはリフレッシュのためだけ。

 

リフレッシュできたら、やはり、頭を冷やした方が快眠できます。

 

あわせて読みたい記事~

wellsleep.hateblo.jp

 

以上!味わってきた不眠パターンは数知れず。睡眠障害28年目不屈の不眠ファイター小中彩生(こなかあき)@love_kunasanでした。

 

▼ライティングなど、お仕事の依頼はこちらからどうぞ!

ランサーズ:小中彩生

 

写真提供ぱくたそ

Twitterフォローしてくれると嬉しいです^^

30分チャット:不眠、うつ病の体験談提供します 25年以上の不眠、うつ病体験からあなたの知りたいことをどうぞ

 

夏の眠りを快適にする麻寝具シリーズ【麻夢物語公式オンラインショップ】