眠れないあなたの駆け込み寺

不眠サロンこなか

不眠のときに枕を高くして寝るメリット

リフレッシュ!枕を高くしてみましょう!

 

原因不明の深刻な睡眠障害28年目に突入した私ですが、毎日、床についても6時間以上眠れないというのはしょっちゅうで、眠れないストレスを発散する方法については、日々、色々と試行錯誤しています。

 

試行錯誤の中から生み出された、数々のストレス緩和方法。その中のひとつに、眠れなくて、あまりにもストレスが溜まってしまったときは、クッションを3つ4つ山積みにして、頭の位置を高くして横になってリラックスする、という方法があります。

 

何時間も眠れずに苦しんだあと、枕を高くしてみると、なんだか少しホッとするんですね。

 

枕を高くしてリラックス効果が得られるわけとは?そのメカニズムについて、少し掘り下げてみましょう。

 

f:id:utu-css:20180923185401j:plain

枕を高くするメリット

枕を高くするとリラックスできるわけについて調べてみました。次のような事実があるそうです。

 

・胸が圧迫されず開放感を得られる

これは、私の見解なのですが、仰向けに寝ると、重力で胸部が圧迫されます。頭の位置を高くすることで、胸部の負担が軽減されて、開放的な気分になることができます。 

 

枕を高くして、真っ先に得られる感覚が、ホッとした感じ。圧迫されていた胸部の開放感からくるものなのかもしれません。

 

・血流が頭から全身へ

頭の位置を高くすることで、血流が、頭から全身へ向かいます。これによって、少しばかり、爽快感が味わえるのかもしれません。

 

また、枕を高くすると、顔のむくみもとれるようです。

 

しかし、枕を高くしたまま熟睡はしないでください。あくまで、つかの間のリフレッシュが目的です。

 

もちろんデメリットもあります

 

枕を高くしたまま、熟睡してはいけない理由をこれから紹介します。枕を高くすることでリラックス効果、爽快感は得られますが、デメリットもあるのです。

 

アゴを引いた状態になり気道が圧迫され呼吸が苦しくなる

 

枕を高くしすぎて、アゴが引いた状態になると、気道が圧迫されて苦しさを感じることがあります。アゴが引いた状態にならない工夫が必要です。

 

・ストレートネックを引き起こす

 

首は自然な状態で仰向けになると、への字に湾曲しているものです。

 

頭の位置を高くすると、このへの字の湾曲がまっすぐになってしまい、その状態を長く続けているとストレートネックという状態になってしまいます。

 

ストレートネックとは、文字通り、湾曲しているはずの首の骨がまっすぐになってしまう現象です。

 

ストレートネックになってしまうと、頭の重みが直接骨に響いてしまうため、首コリや肩こりの原因になってしまいます。首が湾曲していることで、クッションの役割を果たしているのです。

 

気道を塞いだり、ストレートネックにならないように、首の後ろにバスタオルを丸めたものを当てておくといいです。

  

理想的な枕

頭の位置を調節することで、リラックス効果も期待できますが、基本的には、あなたにあった良い枕を選ぶのが肝心です。

 

理想的な枕、参考記事。

kaimin-times.com

 

ストレートネックを起こさない 、立っている時と同じ姿勢になれる枕がベストであると言えます。

 

自分にぴったりの枕が欲しい!という方にはオーダーメイド枕がいいかもしれません。あなたの首、肩、背中のラインを測定して、ぴったりのまくらをオーダーメイドしてくれるマイまくらというサービスがあります。メンテナンスは枕を使い続ける限り、ずっと無料でやってもらえるというのがありがたいですよね。 

 

【マイまくら】

 

以上!味わってきた不眠パターンは数知れず。睡眠障害28年目不屈の不眠ファイター小中彩生(こなかあき)@love_kunasanでした。

 

▼ライティングなど、お仕事の依頼はこちらからどうぞ!

ランサーズ:小中彩生

 

Twitterフォローしてくれると嬉しいです^^

30分チャット:不眠、うつ病の体験談提供します 25年以上の不眠、うつ病体験からあなたの知りたいことをどうぞ